09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | top↑
■ 看護師さん
1ヶ月の入院生活で、本当にお世話になったのが
看護師さん&助産師さん。

私は、入院して2週間たったときに経過が横ばい
なので、思い切って子宮を縛る手術を受けました。

この手術後がとっても辛くって、100万回ぐらい
ナースコールを押してしまいました。

吐き気、息苦しさ、暑さ、頭痛そして手術前からの
便秘が重なって、それはそれは苦しかった。
麻酔が効いていて、下半身を自分で動かせない
ので、寝たきりだったのが特に辛かった。

ナースコールのたびに看護師さんは飛んできてくれて
少しでも楽になればと手厚い看護をしてくれました。
(オシモのお世話まで・・・)

私よりずーっと若いのにしっかりしていて、優しい。
(しかも、とても可愛い)
まさに白衣の天使でした。

男性の患者さんなんて、勘違いしてしまうんじゃないかと
思うほど、ホントに親切な看護師さんたちでした。
スポンサーサイト
入院ライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■ 入院が決まった日のこと
5月28日の妊娠21週(6ヶ月)の検診の日。

パパと息子と一緒に診察を受けてました。

「赤ちゃん、元気ですね」「たぶん女の子かな」と。

このあと、中期の検査するため別室へ。

子宮頚管の長さの検査で「異常に短いね」と先生。
この時期だと4センチぐらいが普通ならしいが、私は
1.5センチしかなかったのです。
「このまま、入院してね」「一度帰るのもダメね」と
言われ、パパと私は「・・・・・」

そんなこんなで、入院が決まりました。

そして、入院して最初の3日間は、日ごろの疲れが
出たのか、ひたすら眠ってすごしました。

このころは、あと何日かで家に帰れるものだと思って
「神様が休めと言っているんだな」とお気楽に考えて
いました。

が、そんな考えは甘く、まだまだ入院ライフは続くのでした。

この続きは、また今度。
入院ライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■ 1ヶ月ぶり
このブログを書くのも1ヶ月ぶりです。
5月28日から今朝(6月28日)まで入院してました。

1ヶ月の入院ライフのこともおいおい書いていきたいと
思います。

退院しても極力安静を命じられているので、おとなしく
しています。

体力がおちて、家に帰ってきただけで疲れている・・・。

少し、横になるとします。
入院ライフ | トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
| ホーム |
プロフィール

アールちゃん

Author:アールちゃん
主な登場人物
れいちゃん(息子)
りなっち(娘)
パパ
ママ

いくつになったの
いくつになったの
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。